本文へ移動

会社紹介

社長挨拶

代表者あいさつ
私は原ノ町鉄工を先代から引き継いだ二代目です。
1972年から佐賀県神埼市千代田町を拠点に48年続く歴史の中で先代や技術者の方々が紡いできた技術と経験を駆使しあらゆるお客様のニーズにお応え出来るよう日々努力しております。
創業以来、最先端の設備を使用し、金属、非鉄金属(鉄、ステンレス、アルミ、真鍮、銅)を主とした材料から0.01ミリ単位の部品加工を行っております。
21世紀日々進化していく世の中に対応すべく、積極的な設備投資、技術向上を目指して参ります。

代表取締役社長 中野 義照

会社概要

会社名株式会社原ノ町鉄工
設立
1972年
資本金
20,000,000円
代表取締役
中野 義照
社員数
50名 (2024年2月現在)
所在地
〒842-0056 佐賀県神埼市千代田町境原787
電話
0952-44-2309
FAX
0952-44-4088
取引銀行
佐賀銀行/呉服町支店

会社沿革

1972年
原ノ町鉄工所として創立
1974年
有限会社 原ノ町鉄工所として法人化
自動盤、フライス等にて金属切削加工を操業
以降、汎用旋盤及びNCフライス等の加工設備を増強
1988年
マシニングセンターの1号機を導入
逐次、社内設備を入れ替えNC化を積極的に進める
1990年
NC旋盤縦型2スピンドルタイプ1号機を導入
生産の効率化を進める
1997年
新工場建設
一部夜勤体制の強化
株式会社原ノ町鉄工へ商号変更
5面加工機1号機導入
テーブル型NC横中グリ1号機導入
生産品目の大型化を図る
1999年
5面加工機及び横中グリの各2号機を導入
生産の増強を図る
2000年
横中グリ3号機(2パレット式)を導入
2005年
大型5面加工機導入(5面加工機としては3号機となる)
2006年
大型5面加工機4号機導入
第3工場建設・さらなる生産の増強を図る
2007年
第5工場建設
加工後の手仕上、検査、組み立ての充実・効率化を図る
2011年
大型のNC旋盤を2台導入
長さ最大3000mmの旋盤加工が可能に
2015年
横型マシニングセンター導入
CAMを導入しプログラミングを高速化
2017年
五面加工機の最新型に入れ替え
より精度な大型の製品の加工が可能に
2018年
ハンディブローブ三次元測定機を導入
品質管理体制を強化
2019年
円筒研削盤を導入
大型シャフトの研磨加工を開始
2021年
複合旋盤を導入
2022年
五軸加工機を導入
2023年
立型マシニングセンター2台を導入
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る